五藤光学研究所
プラネタリウム新番組情報

トップページへ

番組説明

まだ見ぬ宇宙へ1 まだ見ぬ宇宙へ2 まだ見ぬ宇宙へ3
©「まだ見ぬ宇宙へ」製作委員会
「星空の先へ、想像を超える旅が始まる」

私たちはどこにいるのだろう? もし地球を飛び立ち宇宙へ行くことができたとしたら、そこにはどんな景色が広がっているのだろう?太陽系から無数の星が輝くオリオン腕を抜け、天の川銀河、局所銀河群、おとめ座超銀河団と、宇宙を広く見渡しながら旅していくと、様々な天体が作り出す美しい光景に出会う。それは初めて目にする宇宙の姿だ。

HAYABUSA三部作の上坂監督が描くこだわりの宇宙
天体写真家でもある上坂監督が、これまで描きたかった天体の姿を緻密に表現。
星雲や銀河の美しい姿を描き出しました。

ガイアの観測データに基づいた詳細な天の川銀河の映像化
天文衛星ガイアによって観測された膨大な観測情報を可視化し、オリオン腕など地球近傍の正確な 天の川銀河を再現。天の川銀河を離れた後は、全ての系外銀河を立体的に描写しています。

酒井義久の音楽と濱野大輝のナレーション
「HAYABUSA」シリーズでおなじみの酒井義久の音楽と、人気声優、濱野大輝による 心地よいナレーションが壮大な宇宙旅行を演出します。

出演・スタッフなど

企画・総合プロデューサー:飯山 青海
監督:上坂浩光
音楽:酒井 義久
ナレーター: 濱野 大輝
出演:Michael Turpin
プロデューサー:田中 正明 上坂 浩光
シナリオ:上坂 浩光
音楽プロデューサー:安念 透
CG:有限会社 ライブ
データ可視化協力:武田 隆顕
音響:株式会社エス・シー・アライアンス

制作・著作
「まだ見ぬ宇宙へ」製作委員会
大阪市立科学館
有限会社ライブ
株式会社 五藤光学研究所

映像:6Kx6Kドームマスター

番組時間 27分

トレーラー

投映館情報

施設名 投映期間
宮城県:仙台市天文台 2023年6月24日~8月26日
兵庫県:姫路科学館 2023年5月8日~
石川県:いしかわ子ども交流センター 2023年4月29日~
福井県:セーレンプラネット 2023年2月1日~
埼玉県:さいたま市青少年宇宙科学館 2022年11月1日~2023年3月31日
熊本県:熊本博物館 2022年9月9日~
大阪府:大阪市立科学館 2022年2月2日~5月29日

※2023年6月9日現在
※投映スケジュールなど詳しい情報は、各投映館のサイトをご参照ください。

お問い合わせ

「まだ見ぬ宇宙へ」に関するお問い合わせは、株式会社 五藤光学研究所 カスタマー営業までご連絡ください。
  • 入力フォームでのお問い合わせ : こちら (件名は「プラネタリウム番組」をご選択ください)
  • 電話でのお問い合わせ : 042-362-5320 (平日 午前9時から午後5時30分まで)