五藤光学研究所
プラネタリウム新番組情報

トップページ

ダイナソーアート ~恐竜絵師が描く復元画の世界~

番組説明

ダイナソーアート1
私たちが恐竜のイメージを共有できるのは、発掘された化石などを手掛かりとして描かれた復元画があるおかげです。本作品では、恐竜の復元画を描くイラストレーターを「恐竜絵師」と呼び、復元画が描かれる過程や、根拠となる科学的な証拠などを紹介します。 番組内では、360度全球撮影ドローンによる発掘現場の空撮、CGで再現されて歩き回るフクイラプトルやムカワリュウ、そして数多くの恐竜の復元画が登場し、その世界を十分に楽しめる内容となっています。

あらすじ

ダイナソーアート2
はるか太古の昔に絶滅してしまった恐竜。彼らが生きている姿を、私たちは誰も見たことがありません。それなのに、その姿を復元画として描き、現代によみがえらせている人々がいます。それが恐竜絵師。絵師たちは、生き生きとした恐竜の生態や彼らが生きていた風景までも復元画として描いていきます。それはあたかも、恐竜たちが生きていた時代にタイムスリップをして、自分の目で見てきたかのようです。恐竜絵師たちは、どうしてそんなことができるのでしょうか。その秘密を見ていきましょう。

出演・スタッフなど

ダイナソーアート3
©GOTO
企画:セーレンプラネット(福井市自然史博物館分館)
制作:株式会社五藤光学研究所

番組時間 21分

トレーラー

ございます。弊社までお問い合わせください。

投映館情報

施設名 投映期間
福井県:セーレンプラネット
(福井市自然史博物館 分館)
2019年7月13日~12月28日

※2020年11月末日現在
※投映スケジュールなど詳しい情報は、各投映館のサイトをご参照ください。

お問い合わせ

「ダイナソーアート ~恐竜絵師が描く復元画の世界~」に関するお問い合わせは、株式会社 五藤光学研究所 カスタマー営業までご連絡ください。
  • 入力フォームでのお問い合わせ : こちら (件名は「プラネタリウム番組」をご選択ください)
  • 電話でのお問い合わせ : 042-362-5320 (平日 午前9時から午後5時30分まで)